明治末期の金澤町家
そこから漏れてくるエスニックな香り。
 
東南アジア諸国・インド・中国など
様々な国の料理から影響を受けたタイ料理は、
多くの技法を用いた
独自の料理として発展してきました。
 
その多様な調理法は
旬の食材の持ち味を最大限に引き出し、
 
豊かな日本ならではの四季を
表現できると考えています。
 
金沢という場所で地の素材・旬の食材を使い、
海月が雲になる日でしか味わえない
タイ料理を表現してまいります。
 
懐かしい心地と新しい味覚を
ご堪能いただければ幸いです。